CHAGE and ASKA

悲しい。
その一言に尽きる。

今の若い世代にはピンとこないかもしれないが、CHAGE and ASKAは間違いなく、一時代を築いたアーティストだった。
世代によって若干、時期のずれはあるかもだけど『SAY YES』で一世を風靡した90年代前半が全盛期だったように思う。

その当時の僕は小学生。
まだ音楽に対する興味もそこまでなかったが、常に彼らの音楽が傍らにあった気がする。
TVをつければ必ず何かのCM曲で彼らの音楽は流れてたし、どこかに買い物へ出かけければ店内のBGMはチャゲアスだった。

洋楽一辺倒だった少年期

僕が音楽に興味を持ちだしたのは中学生くらい。
ただ、親の影響もあってその頃の僕は邦楽にまったく興味がなく洋楽どっぷり。
まわりの同年代がWANDSだのミスチルだの新しく出てきた音楽にドはまりしてた頃、僕はひとりサウンドガーデンとかニルヴァーナとか、当時まだデヴューしたてだったオアシスに傾倒してました。

授業の合間の休憩時間とか給食の時間、流りの物とか音楽とか、そういうもん一色なお年頃。
この時期の邦楽って、今では邦楽の黄金期とか呼ばれてるような時代だったけど、まったく話題についていけなかったなー。

そんな少し浮いた僕でも人並みに恋とか。

僕の人生初の出来事。
中学3年生の時に彼女なんて人ができまして。
その彼女が大大大ファンだったのが、このCHAGE and ASKAだったわけです。
ファンクラブとかも入ってましたからねー、本気のファンでした。

当然、さも決まり事のように趣味を押し付けられるわけです。
その当時最新だったのはMD。
2日か3日おきに手紙と共に、僕の元へ届くわけです、彼女編集のオリジナルMDが。
まるで洗脳教育のようでした…。

そんな洗脳教育の甲斐もあってか、最初はあの独特の歌い方に違和感しかなかったのが好きに変わるんだから慣れってのは恐ろしい。
晴れてCHAGE and ASKAは僕の好きなものの一つに数えられるようになったわけです。

中学卒業後そんな彼女とは別々の高校に進学し、環境とか価値観とかいろんなもんが違ってきて、チャゲアスと思い出だけを残し二人は…。
…若干美化しましたが概ねそんな感じです。

青春時代を語る上で重要なパーツ

音楽というのはいくつになっても、聴けばその当時の記憶とか感情を運んできてくれる。
チャゲアスの音楽は僕にとって、思春期ど真ん中の少し気恥ずかしくもなる幼い恋愛を思い出させてくれるもの。
僕の大事な大事な人生の一部です。

 

今回の事件に至った経緯と理由ってのは、正直なとこ僕にはどうでもいい。
どうでもいいんだけど、彼がこれまでに作ってきた音楽が批判を受けるのは少し嫌だ。
『これも薬の影響下で作ったものなんですかねぇ~』とかワイドショーで物知り顔な奴らに貶されるのは、なんか気持ちがザラっとする。
自分が大事にしてきた思い出が、そういうわかったふうな浅い批判を受けるのはだいぶ辛い。

チャゲアスの歌で『knock』というものがある。
僕がチャゲアスの歌の中で一番好きなものでもある。

もし仮に彼へメッセージを届けられるとしたら、この歌の詩を丸ごと書いて送る。
作詞した本人に宛ててというのも不思議だけど。

スポンサーリンク