ふざけた歌

僕、音楽が好きなんです。

日常の各シーンに合わせてプレイリストが作ってあるとか常識です。
通勤用、食事用、仕事用に帰宅用…当然ですよね!

帰宅用BGMを再生しないと、家に帰るだけの体力がみなぎってきません。
もしなんらかの理由で音楽が聴けない状況に追い込まれたら、会社に泊まります。

最近の悩みは就寝用に作ったプレイリストが、いつのまにか眠ってしまうので最後まで聴けない事です!

No music,No life

僕は毎朝このように軽快なステップを踏んで出勤します。※心の中

嗜むジャンルは幅広く。こぶしを握りたくなるド演歌から、エアー指揮者したくなるクラシックまでなんでも。
日常のその時々に合わせて、酒の席なら日本酒はやっぱ演歌だし、ショットグラスでパッカーンといく感じのもんなら、重低音の響くデジタルサウンド。
のび太くんの隣にいる青い物体の如く、日々暮らしていく上で音楽はなくてはならない友ですね!

まぁ一応、好みはあるので、どーーしても耳に合わない物は存在しますが。
口をパクパクするのがメインのお仕事な何人いるんだかわかんない系の輩とか小娘とか、環境音以上のボリュームではいらない。
まぁ、絶対に聴かない!とか決めているわけでもないのでたまに聴きますけど。ちゃんとした音楽なら。

最近よく耳にする「ふざけた系」

image by 『SHIKIBU』レキシ

この人ね、こう見えて一流のミュージシャンです。
ちょっと個性的な衣装着てますけど!

ふざけた系と銘打ったものの、別に否定的なニュアンスではありません。
『ふざけた曲作ってんじゃねーよwww』というノリの愛ある感じのお話。

上に貼ったSSのレキシさん。いい曲作るんですよ。

これ好き。歌ってる女性は『森の石松さん』というレキシネームなるものを与えられた、女優・松たか子です。

失恋ソングテイストな一曲。
でもちゃんと歌詞を聴いてみると、徳川幕府最後の将軍について歌ってたり。
まぁ、それはそれでちょっと深くて、歌詞の世界に入り込むと少しキュンとなるストーリーになってるんですけどね。

こっちの曲は、レキシネーム旗本ひろしこと、秦基博が参加しています。

この『レキシ=池田貴史』という人はミュージシャンとしてのキャリアも長く、色んな名曲を生み出してきた人。
知ってる人には今更何を・・なくらいの実力派ミュージシャンなので、気になる方はGoogle先生に聞いてみてください。
驚きの速さでいろいろ出てきます。

こちらはレキシ以前に活動していたグループのメンバーだった人の曲『深呼吸』というもの。
現在はハナレグミとして活躍中。
この曲むっちゃ好きです。

岡崎体育

最近邦楽界隈にアンテナ低めな僕の耳にもやっと入ってきました。
僕の中で今の段階では、ジャンル付けが出来ない系の人ですが、でも作る音楽はいいセンスしてるのではないかぁ、と思ってます。

音楽だけ聴いてるとかっこいいんだよなぁ。
日本のグループで言うなら…この曲に関してはワンオクっぽいかなーw
曲もさることながら、もうMVがワンオクを意識してる気がしますw
歌詞に耳を傾けちゃんと聴いてみると…ふざけた音楽ですw

彼はまだまだ若手っぽいから、今後の活躍に期待ですね!
岡崎体育という名前は、彼が大好きな石野卓球を意識して命名したそうです。

まとめ

季節でプレイリストは当然作り直すわけですが、気温と共にテンポのいい曲が増えてきました。

かっこいいよなぁ、BrunoMars。
この人の曲聴いてると自然と肩を揺すってリズムをとってしまいますよね!
信号待ちでターンとかかましたくなります。

最近来日公演中止を発表したPitbull。
未だにこの男が30代半ばなんて信じられません。どーみても40代後半でしょ!

あーなんかビアホール行きたくなってきた!

スポンサーリンク