Google Search Consoleの設定手順【2017.1月版】

Googleアナリティクスは、ユーザーの特性や流入経路などユーザーの足跡を解析するツールです。
Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)は、自分の運営しているサイトが検索エンジンにどう認識されているかなどを検証するツール。

Googleアナリティクスとセットで活用して、運営サイトのSEO対策に役立てましょう。

Search Consoleへ登録しましょう

まずは公式ページへジャンプ『Google ウェブマスター
searchconsole1
image by Google WebMaster

searchconsole2

『SEARCH CONSOLE』という緑色のボタンをクリック。

設定するGoogleアカウントの選択

searchconsole3

Googleアカウントからログアウトしている状態だとこんな画面に。
既にアカウントを持っている人はログイン。
アカウント持ってないよー、という人はアカウントを作成しましょう。

ちなみに僕はアナリティクスが紐づいてるアカウントで登録しました。

運営サイトの登録

searchconsole4
image by Google Search Console

何も設定されていない場合、こんな画面が出てきます。

searchconsole5

赤で囲ったとこに、登録したいサイトのURLをペタっと。
『プロパティを追加』という赤いとこをポチっと。

Search Consoleにサイトを認識させる

searchconsole6
image by Google Search Console

この画面に切り替わったら、赤でかこった『別の方法』というタブをクリック。

searchconsole7
image by Google Search Console

『HTMLタグ』というところにチェックを入れるとこんな画面が出てきます。
赤でかこったタグをコピーして、使用しているテーマの仕様に沿って設置してください。
『例を表示』というとこをクリックすると…

searchconsole8

設置例が出てきますので『なんかよくわからんな、、』という方は参考にしてみてください。
サイトへの設置が終わったら『確認』ボタンをクリック。

searchconsole9
image by Google Search Console

正しく設定できていればこんな画面。
自分のサイトが確認できます。

searchconsole10

もしもこの画面が出てきたら…

これは『残念だけど、君のサイトが確認できないぜ!ちょっと設定を確認してみてくれないかい?』的な画面です。
設置方法を見直して再トライです!

例えばこんな使い方

サーチコンソールでは色んな事ができますが『あーなるほど』と思う、初心者にもわかりやすい出来る事をひとつ。
searchconsole11

設定済みのサーチコンソールを開くとまずこの画面が出てきます。
正しく設定されていれば赤でかこった場所に自分のサイトのURLが表示されるのでソレをクリック。

searchconsole12

画面左のメニュー『Google インデックス』を開いてコンテンツキーワードをクリックしてみてください。

searchconsole13
image by Google Search Console

これは僕のこのサイト『ひまつぶし。』の画面です。
FF14の専門サイトを作ろうとしているのであれば、この画面はGoogle先生に正しく認識されている事になります。

僕はFF14に特化したいわけではないのですが…まぁ、サイトを開設したばかりで、現状8割程度がFF14記事なので仕方なし…w

まとめ

自分のサイトコンセプトを検索エンジンに正しく認識してもらう事は、SEOにおいて最も初歩的で最重要。
便利なツールを活用しながら、健全なサイト運営を目指しましょー。

スポンサーリンク