日本人に英語は必要なのか

友人と飲みに行った時のお話。

『子供に英語習わせるかどうかで嫁さんと喧嘩してさ…』
友人の子供は3歳。
この友人の奥方曰く『ネイティブな発音がマスターできるかどうか3歳はギリギリな年齢なのよ!』とのこと。
こないだ新聞でなんか似たような記事読んだなぁ・・と物思いをしながら聞き流す程度にしか話を聞いていませんでしたが、家庭持ちは色々と大変ですね。

文部科学省は5日、全国の公立中高生を対象にした2016年度の英語教育実施状況調査の結果を発表した。高校3年生で実用英語技能検定(英検)準2級、中学3年生で英検3級程度以上の英語力を持つ生徒はともに36%台で、「17年度までに50%」という政府目標の達成は厳しい状況となった。同省は英語力が向上した取り組みを自治体間で共有するなど対策を急ぐ。

2017/4/6の日本経済新聞より抜粋

少し英語が話せます

ビジネススキルとして英語が必要な人など、英語が話せなきゃ死活問題だ!って人以外、日本人は日本語だけ話せればいい。
日本の国土は海に囲まれていて国内に国境は存在しない。なにも困らないでしょ、実際。
頑張って英語学習なんかしないでも、音声翻訳ツールなんかもどんどん精度は上がっていくだろうし、そのうち人間の英知がなんとかするさ・・。

そもそも、どれだけ文法頭に叩き込もうと、ネイティブの発音を身に着けようと、話す機会がなけりゃ無駄な知識。
日常的に使わないものにどれだけ価値があるのやら。

僕の英会話スキルは友達とコミュニケーションを取りながら身に付けた実用英会話。
趣味の音楽を通じて仲良くなったUSAな友人と週3くらいのペースで酒飲んでたら自然と身に付きました。

耳を慣らすために洋楽を聞くといいよ!なんてのを聞いたりしますが、聴いてるだけじゃだめですよ。
鼻歌で歌えるくらいにはならなきゃだめです。

このくらいの早口なトーキングブルースを口ずさめたら及第点!

僕はこの曲で、ピアノも弾けるようになりました。

スポンサーリンク